利害が一致している

Pocket

被害者側にも一定の過失があると主張されるケースでは、 もともと既往症などがあることをいいことにして、それが原因で怪我が重くなったのだといことを主張して、減額の要求をしてくる場合があると言います。 このような責任割合の主張に対して、みなさんは弁護士の依頼なくしてどのように対抗して行くことが出来るのでしょうか。

交通事故で対応しなければならないことって、交通事故被害にあった人たちにとって納得出来ないことばかりなのかもしれません。 被害者なのにどうしてそのような洗礼を受けなければならないのでしょう……。

もしも側にしっかりと法律のプロフェッショナルである弁護士をパートナーにすることが出来ていれば、弁護士が、そのときは警察が行った実況見分の結果など刑事記録を取り寄せして被害者側に有利な点を追求することが出来ますし、より強く主張出来るポイントを探してくれるでしょう。

弁護士は保険会社とは違い、交通事故被害にあった人が得をすれば得をするという利害が一致している関係なのです。交通事故被害にあった人たちが何をのぞんでいるかということも、経験上しっかり理解をしてくれています。既に様々な案件を扱って来ているので、今、弁護士が何をしなければならないかしっかりノウハウを把握しているのです。

是非とも、はじめからそのような方法によってしっかりと保険会社と向きあって交渉してください。