弁護士依頼のメリット

Pocket

3つの基準があり、 任意保険会社は保険金を負担する必要性を出来る限り軽減したいために自賠責保険の基準を任意保険会社の基準として示談提示してくるケースもあると言います。

保険会社は、交通事故被害あった人たちの味方ではありません。そのようなことまでして儲けようと思っているかなりタチの悪い存在と考えていいでしょう。しかし、保険会社もそれが仕事なので仕方ないと言えば仕方ないのです。

歯には歯を・目には目をという意味でも、保険会社と立ち向かうためには、弁護士という法律のプロフェッショナルの力を借りることが既に一般的常識となろうとしています。弁護士に交通事故被害の慰謝料相談をすれば、裁判所の基準で示談の交渉がされて行きますので、被害者本人が保険会社とやり取りして獲得する賠償額よりも、大幅な増額を期待することが出来るでしょう。実際に事案によっては、二倍以上の増額になるケースも珍しい訳ではありません。

交通事故被害あった人たちは、まだまだ難しい事態と遭遇しなければなりません。責任割合が100:0となる追突事故の事例もあるかもしれませんが、そうではない場合も多くあり、被害者にもともと既往症などがある場合その分の減額の主張をしてくることがあります。